二重整形の基礎知識!パッチリ二重で目元も人生も明るく!

まぶたの形の種類と印象

通話する女性

二重の種類と特徴

まず、二重まぶたには「末広型」「幅の広い平行型」「幅の狭い平行型」「奥二重」と、大きく分けて4種類あります。末広型の二重は、日本人に最も似合うとされている二重です。控えめなようにも思えますが、優しく知的な印象を与えます。スッキリとしたキレイな形で、顔にあまりおうとつのない日本人にも似合うとされているのです。二重の形を活かして、メイクもナチュラルに仕上げると、より、目元が印象付きます。幅の広い平行型は、目頭から目尻まで二重の幅が一定であり、幅は広めです。欧米人に多い二重で、ハーフのような印象を与えます。幅の狭い平行型は、二重の幅が目頭から目尻まで細く一定であり、イキイキとした目元の印象になります。平行型は、華やかな印象を与えます。奥二重は、まぶたに二重のラインが隠れている状態を言います。一見、一重に間違われることもありますが、一重よりもパッチリとした印象になります。基本的にクールな印象を与えることが多いですが、奥二重の場合は、二重ラインが隠れている程度によって相手に与える印象は変わってきます。

一重まぶたとの印象の違い

一重まぶたは、目が細く、鋭く見えます。キツイ印象に見られたり、眠そう、暗い、という印象を与えてしまうこともあります。しかし一方で、クールな印象や初々しく清廉な印象を与えることもあります。一重まぶたをコンプレックスにしている方は少なくはないですが、チャームポイントになり得る、ということも忘れないでくださいね。まぶたの重要な部分は、顔全体のバランスに合っているかどうか、なのです。二重まぶたにしたからと言って、必ずしもキレイになれるとは限りません。さらに、美的感覚は時代と共に変化していきます。近年では、欧米志向が強くなり、幅の広い平行二重や、ハーフのような顔立ちを目指す人も少なくはありません。だからと言って、一重であることをネガティブにとらえる必要はありません。髪型やメイク方法を工夫することで、一重でも美しくなることは十分にあり得ます。