二重整形の基礎知識!パッチリ二重で目元も人生も明るく!

医者と看護師

自力で二重をつくる危険性

瞼を二重にする方法は整形手術だけではありません。メイクやマッサージ、トレーニングによって二重になった、という声も多く存在します。しかし、メイクなどで二重を作る際には、注意点があります。

詳しく見る

通話する女性

まぶたの形の種類と印象

二重まぶた、と一言で言っても、二重の形の種類や与える印象はさまざまです。それぞれの二重の種類や、幅の違いによって、相手に与える印象は変わってきます。一重まぶたとの違いや、二重の種類について紹介します。

詳しく見る

カウンセリング

二重整形費用の相場は?

二重まぶたにする整形費用は、施術の内容やクリニックによって違いが出てきます。二重整形の中でも、プチ整形と言われ、人気の施術方法である、埋没法は、比較的安価で施術を受けることができると言われています。費用の相場について確認してみましょう。

詳しく見る

看護師

二重整形の施術方法

二重整形の施術方法には、主に、埋没法と切開法の2種類があります。切開法には、部分切開法と、全切開法の2種類があるので、合計3種類の施術方法があります。目的や、理想の二重ラインを形成するために適した施術を受けるようにしましょう。

詳しく見る

二重整形の基礎知識

女性

二重整形手術について

二重まぶたの形成手術はメイク感覚で行われることも増えてきています。負担や費用が比較的手軽で施術を受けやすいという特徴があるため、人気の高い整形の方法として広まっています。なかでも、糸を使用して二重まぶたを形成する「埋没法」について詳しく説明していきます。埋没法とは、いわゆる「プチ整形」のことです。まぶたに糸を通す施術を行ない、二重を形成します。この埋没法では、通した糸が切れてしまうことで、二重が上手く形成されない、といったことが引きおこるようです。これはデメリットではありますが、一方で、埋没法で行った施術は、やり直しがきく、というとらえ方もできます。万が一、手術後の二重まぶたが気に入らなかった場合は、まぶたに通した糸を取ることで元のまぶたに戻すことが可能です。将来的に二重整形のやり直しを考えている方や、短期間の二重整形を楽しみたい、という方からすると、やり直しができるのは大きなメリットと言えます。また、二重整形を行なった場合、目を閉じた時に、施術の後がばれてしまうことがあるという話がありますが本当でしょうか。二重まぶたの整形手術をすると、目を閉じた時に二重のラインが不自然に見えてしまうことがあります。しかし、これは自然に馴染んでいくのであまり心配はいりません。埋没法で二重整形をした時には、糸の結び目部分に膨らみが生じてしまうことがあります。この膨らみは、まぶたの外側で糸を結んだときに生じることがほとんどで、全ての人が膨らみに悩まされる、ということはありません。さらに、このような結び間の膨らみは、結び目部分をまぶたの内側に持って行くことによって、防止することができます。

整形がバレることってあるの?

二重整形をすると、周囲の人々や眼科医、美容師、ヘアメイクスタイリストが見るとバレてしまう、という話がまれにありますが、本当でしょうか。結論から言うと、基本的にはバレません。美容整形外科の医師が見ると整形に気付くこともありますが、基本的に、専門知識のない方たちが見てもバレることは滅多にないのです。しかし、専門知識のない方たちから見ても、二重整形手術をしたことがバレてしまう原因がいくつかあります。整形がバレてしまう原因というのは、手術をしたあとの、腫れや内出血が目立っている場合などです。周囲の人々にバレたくない場合は、傷が治っていない状態で外に出るのは控えた方がよさそうですね。また、手術を担当する医師の技術不足によって、痕が付いてしまったり、不自然な仕上がりになってしまった場合にも、二重の整形手術がバレてしまう可能性があります。このような点に気を付けながら、クリニック選びやアフターケアについてもしっかりと行なえば、二重整形がバレることは滅多にありません。